5ive3hree Backyard

身の回りでつかうものから、少しずつ"ものつくり”を始めてみます

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タックル収納家具/寸法検討


Category: アイテム   Tags: タックル収納  家具  
前回の記事に引き続き、今回は寸法出しをしました。
当初、現在の部屋の空いているスペースをもとに、と考えたのですが
これは、収納家具本来の目的を満たす為には間違っていますね。
この収納で"最低限やりたいこと"を基本に寸法出しするべきです。

最低必要条件は、
1:ハットを平置きできる
2:ジャケット/ベストをかけられ、見える様にする
3:ロッドをディスプレイできる

扉内側にジャケットをかけますので、服のかかったハンガー1個分がこの収納の幅となります。
また、ハットはぐるり一周ツバがありますので、結構な奥行きが必要となり手持ちのハットでは
約320mmでしたから、これに収納後側に設置するロッドスタンドの厚み分がプラスされます。
最初ですので基本の板厚を20mmに設定し、棚背面とロッドスタンド背板はベニヤを想定します。
5mmほどでしょうか。

以上の条件で、簡単な3Dをしてみました。

tackle_shelf_close.jpg

このイラストにはキャスターが含まれていませんが実際には着けるつもりです。

これで分かった事は奥行きが想像以上にあることです。
その最大の原因はハットのサイズによるものです。
しかし、最低条件としていますので、更に詳しく寸法を詰めていっても大幅な変更はありません。

他の案としては、現在の仕様ではハット棚の奥にロッドスタンドがありますので、
ロッドスタンドを短くしてハット棚を奥まで設定することです。
これをするとロッドスタンドの高さはおおそよ1,500mmと短くなり、9.5フィート以上のロッドは
収納できなくなります。
現在の手持ちロッドは最長8.3フィートですので問題ありませんが、今後、海でサーフから釣る、
ことがあれば、この変更は悩むところです。

収納家具の目的重視とはいえ、設置スペースに限界もあるのでもう少し考える事にします。

次に展開状態です。
tackle_shelf_open.jpg

これは最初のラフ画とはほとんど変更ありませんがリール棚の手前板を透明アクリルにして、
引き出さなくてもリールが見えた方がいいかなと思いました。

扉側の上段にジャケットをかけると、下にスペースが空きます。
その下にはランディングネットをかけようと、追加しました。

あと、タックルで何か収納する物はあるでしょうか?

釣りの種類によっても変わってきますね。
フライなら、マテリアルが一目で分かる収納方法や折りたたみテーブルが収納されていて、
それを引き出してフライを巻くなんて事がこの収納一つで出来たらいいですね。
これこそが今回のアイディアのもとになっている、船箪笥です。

海釣りなど始めたら、パッカン、クーラーボックス、、、、止めましょう、キリがありません。

とにかくこれ一つで釣りをまとめたいのです。

もう少し、アイディア考えてみることにします。

テーマ : 家具・電気製品    ジャンル : 趣味・実用

趣味道具の収納アイディアリソースと原案


Category: アイテム   Tags: 収納アイディア  釣り  
理想の部屋ってどんなでしょうか?
ちょっと漠然としすぎてますね。

趣味を持つ人としての部屋なんですが、
僕は以前からガレージに憧れていました。
当時はバイクいじりをする前提での作業スペースとして
他にも数台置いたりしてってイメージを描いていましたが
現在までに趣味が増え、バイク、自転車、釣りなどを
考えると当時とは若干異なったイメージとなっています。
たまにそっち系の雑誌を見ては、オレもいつの日にか!と
想像をたくましくしてます。

さて、現実はそれとは程遠い環境で生活しています。
マンション住まいの我が家で唯一空いている6畳ほどの部屋。
いつかは子供達の部屋になる予定で、その間少しでも自分仕様にと
色々構想しましたが、さすがに自分だけの空間を作れる訳も無く
僕の趣味に関する道具達は、なんとなしに辛うじて収納されています。
学生時代なら徹底的に手をいれたでしょう。

現在、僕のメインの趣味である釣りは、部屋でも楽しめるという、
バイクや自転車ではなかなか難しい"愉しみ"があります。
道具を肴に酒をチビチビやったり、分解したりといった具合ですが
これをやるには出来るだけ一つのスペースにまとまっていて
且つ、子供達が触れない様にすることです。

色々な収納方法を考え、まず扉付きが浮かびました。
道具はホコリをかぶる事無く、ロックをつければいたずら防止にもなります。
模様替えすることも想定すると、キャスター付きがいい。
思いつく限り、簡単に画にしてみてふと思い出したものがありました。
昔の旅行トランクです。
船の旅が主流だった頃、貴族達は身の回りの品を大きなトランク(船箪笥と呼ぶのでしょうか)
に入れ、きっとそれを船室で展開して使用していたと思うのですが
そんなものを思い出しました。

あくまでイメージとして、これをもとに
収納するアイテムを書き出し、棚数、位置を考え
いくつかの候補から良いトコ取りで原案が出来上がりました。

tackle_shelf.jpg

これなら、僕の要求を全て解決してくれそうです。

閉じた状態ではクローゼットで、物が落下したり、ホコリをかぶったり
子供の手に触れません。
肝心なのは開いた時の状態です。
フルオープンで全ての物が見えて、ディスプレイらしくなります。
リールを置く棚は手前に引き出せ、いたずらが怖くて出来なかった
ロッドスタンドもこれなら問題ありません。
そして、これを置く場所を変えたい場合にも
キャスターで隣部屋まで楽々移動可能です。
まだ原案ですが、これがモノになれば素晴らしいなぁと。
釣り愛好家の皆様いかがでしょうか?

今後は、現状の部屋の空きスペースを計測し
寸法出ししてみようと思います。

ちょっと余談ですが、ハットの収納に困っており
壁にフックで引っ掛ける方法をとっているのですが
ツバ部分の形状が変形したり、特にウール素材だと
ホコリが着いたり。
やはり、平らな場所に一つずつ置くことが一番でしょうね。

テーマ : 家具・電気製品    ジャンル : 趣味・実用

ブログ開設にあたり


Category: はじめに   Tags: ---
当ブログは、現在メインで運営している" 5ive3hree "から派生したブログです。
"5ive3hree"では、釣りなどの野外活動の記録、私感を記事にしています。
そこではたまに、それらに関わる”物/道具”も登場します。

趣味のブログですから、例えば釣りをはじめて、ポツポツと魚が釣れるように
なりはじめると道具に目が向きます。
自分の趣向性にあった道具探しが始まり、それで釣果がでれば釣りは自分にとって
より一層充実したものになります。

どれだけ満足感を得られるか。
これが私にとって、趣味に対するテーマとなっています。
巷に溢れる"もの/道具”の中から自分にあった物を探し出すことも
愉しみではありますが、それが自作であったなら最高だろうという
想いから、少しずつ出来る範囲で"ものつくり”を始めていこうと思います。

こうしてブログを分ける事で、芽生え始めた情熱を維持するという目的もありますが、
"ものつくり”としてジャンルを特化する事で、ブログを通して広がる世界に期待をし、
興味を持ってくださる方々とのコミュニケーションの場となれば最高です。

ものつくりはど素人ですので、見るに耐えない物も積極的に掲載していこうと思います。

自分の探したいブログを見つけるのも難しい程、様々なブログがあるなかで
当ブログをご覧になり、興味を持っていただけた方は、これも何かの縁ですので
お気軽にコメント、アドバイスなど頂けると嬉しいです。

頻繁な更新にはならないと思いますが、末永くよろしくお願い致します。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

SKY

Author:SKY

 
 
 
 
 
最新トラックバック
 
カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。