5ive3hree Backyard

身の回りでつかうものから、少しずつ"ものつくり”を始めてみます

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンプで使用する焚き火台ケース/完成


Category: アイテム   Tags: 自作  バッグ  帆布  
焚き火台専用のケースが完成しました。
前回までの模様はココから。

今回もコーナーの縫いで苦労しました。
シワを出さないように縫うには、当初に引いた線から外れないように
大きめのアールで縫う事と、針を落とす手前の生地を引っ張りながら
数針ずつ縫っていく事の2点に注意しました。
これを実行した事により、前回よりもかなり改善されましたが
やはり若干のシワは回避出来ませんでした。

早速、焚き火台をケースに入れてみます。

fire_bag_3.jpg


fire_bag_1.jpg

ポケットには計画どおり、新聞紙と鉈、うちわを入れました。

fire_bag_2.jpg

ケースサイズですが、理想は専用ケースなのでジャストサイズです。
しかし今回は最初の縫製物ということもあり、焚き火台に対して
縦横マチに20ミリの余裕を持たせました。
キツくて入らないことよりも、大きい方がマシだという思いで
そのサイズ設定にしたのですが、実際に入れて見ると結構な余裕があり
もう一回り小さくすれば良かったという感想です。

コーナーの縫いも大幅にシワが軽減されました。
fire_bag_4.jpg

fire_bag_5.jpg

このケースが、このブログを初めてからの物作り第一弾となります。
ミシンをかけている最中は、ただただ、綺麗な縫い目になるように
それだけの事に集中して、ひたすら直線と曲線に没頭しました。
ただ目の前にある事だけを考える。
僅かな時間でしたが、僕にとっては最近に無い貴重な時間となりました。
ケースが完成していくにつれ、物を作る楽しさを思い出す事も出来ました。

自分で物を作りたいという想いは、ただ出来あがった自作品を使用したい
というだけでなく、どれだけ自分の思い描いたイメージを形にできるか、
という完成までの過程の方が大事なことだと感じています。
今後、自作をしていくうえで、物を作る技術的な難易度も少しずつあがって
いくとは思いますが、決して難しいものを作る事だけに目標が向かってはいけない
ように感じます。
当面は、作り上げたという嬉しさが僕の物作りの意欲を維持していくと思いますが
次第に自分で作る事の意味を見いだせればと思います。

テーマ : 楽しく生きる    ジャンル : ライフ


管理人の承認後に表示されます

Comments

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

SKY

Author:SKY

 
 
 
 
 
最新トラックバック
 
カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。